こんにちは!

 

糖質オフスタイル協会認定講師の赤川清香です!

 

町中にある調剤薬局の薬剤師として、約14年

老若男女の方々にお薬の正しい飲み方や、健康サポートのお手伝いをさせていただいております。

今、新型コロナの感染が爆発的ですね。

 

私の務める薬局に訪れる患者様の中にも陽性の方が結構いらっしゃいますが、

軽症〜入院レベルの方やら様々です。

 

そして、家庭内感染も結構多いですね。

 

新型コロナウィルスを全世界から無くせたらいいですが、

それはなかなか難しいことだと思いますので、

 

感染対策の徹底が大事になりますね〜

 

新型コロナの感染を防ぐために、

 

国や地域で公開されている感染予防ガイドラインに従うことがまずは大切です。

 

それに加えて、食事や栄養という比較的簡単な方法によって、

 

リスクを減らせる可能性があるのです。

 

そこで、コロナ対策の食事についてなるほど!な情報を得たのでお伝えします(^^)

 

野菜を十分に食べ、加工肉を食べすぎず、コーヒーを飲むという食事スタイルが、

 

新型コロナの感染リスクを低下するのに、有利であることが大規模調査で明らかになったそうです。

 

そして、子供の頃に母乳で育てられたことも影響するとのことでした。

 

野菜はビタミン、ミネラル、ポリフェノールなどが免疫力と関係してるので分かりますが、

 

加工肉を食べすぎない方がいいというのは、あまり聞かないのでは?と思いますが、加工肉を1日半皿くらいを食べていると新型コロナの感染リスクは上昇するようです。

またコーヒーは、抗酸化作用のあるクロロゲン酸が豊富に含まれていることがその理由の一つのようですね。

母乳に関しては、

 

赤ちゃんのときに母乳で育てられた人とそうでない人とでは、新型コロナのリスクが10%減少とのことでした。

 

母乳にしか含まれない免疫に関係するものが含まれることと関係してそうですね〜

 

これ以外にも、喫煙、飲酒、糖質の多い高カロリー飲料やお菓子の食べすぎを控えたり、

 

睡眠の質の向上やストレスの管理をするなど、こういった小さな工夫もコロナ対策に繋がるとのことでした(^-^)